住まいに関する資料がほしい 住まいに関する
資料がほしい
メールで相談したい メールで
相談したい
電話で相談したい 電話で
相談したい
0120-940-282 受付時間 9:00 ~ 17:30 ご相談・お問い合わせ、お見積りのご依頼はこちら ご相談・お問い合わせ
お見積りのご依頼はこちら
守重建設に関する資料請求はこちら 守重建設に関する
資料請求はこちら
トップへ戻る

求める以上の性能が
標準仕様の家を
ご提供しています。

守重建設の新築

地震に強く、安心安全で、長く快適に過ごせる高性能住宅。
守重建設がつくる高気密高断熱住宅は、
必ず一棟ずつの「気密測定」を構造時と完成時の2回行っており、
C値0.3以下の数値になる確認も徹底しています。

家を建てる前に
知って欲しいこと

日本に高気密高断熱住宅の基準は無い⁉

日本に高気密高断熱住宅の基準は無い⁉

家の性能が重要視されるようになり、「高気密高断熱住宅」を謳っているハウスメーカーや工務店が増えてきましたが、日本の「高気密高断熱住宅」の基準はとても曖昧なことをご存知ですか?

実は、具体的にどの基準を満たせば『気密性が高く断熱性の高い家(=高気密高断熱住宅)』である、といった基準がありません。

そのため、チラシやウェブサイトで「高気密高断熱の家」と言っていても、実際の数値や性能はハウスメーカーや工務店によって大幅に違うのが現状です。そこで、家を選ぶ側がその違いをきちんと知る必要があります。

本当の「高気密高断熱の家」を見分けるポイントとして、2つの数値があります。一見、難しく感じるかもしれませんが、見分け方は簡単です。

2つの数値を見分けよう

相当隙間面積の数値を知ろう!

気密性を表す「C値(相当隙間面積)」をご存知ですか?
これは、延べ床面積1平方メートルあたりに隙間が何平方センチメートルあるかを示します。気密性は、気密測定で実測することが出来ますが現在のところ日本には国の基準としてC値基準がありません。断熱性能に関しては断熱性能にとても大切な気密についての基準が、現在の日本には無いのです。
H25年省エネ基準から気密性能基準は削除されました。2020年に義務化されるはずだった基準でもC値の基準はありません。
2013年までは寒冷地でC値2.0、その他の地域でC値5.0と言う基準値(次世代省エネ基準)が存在しましたが、その基準値も気密住宅とするには隙間が大きいと指摘されるレベルでした。以前の基準値、C値5.0は隙間だらけの家と言っても過言では無いレベルで、寒冷地以外でも暖かい住宅にするには最低限C値2.0以下、さらに可能であればC値1.0以下が推奨されています。
守重建設の高気密高断熱住宅の基準はC値0.34以下が厳守で、全棟測定結果の平均はC値0.3を下回っています。同じ建材を使い同じ間取りの家を建てても施工の丁寧さが違えばC値に大きな差ができてしまいます。

外皮平均熱貫流率の数値を知ろう!

もうひとつは断熱性能を表す「UA値(外皮平均熱貫流率)」です。
これは、家から逃げる熱の量を示す値で、数値が少ないほど熱が逃げにくく暖かいということです。

H25年基準を一部見直した、現行基準のH28年省エネ基準で、関東は、UA値0.87になっており、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準での数値は0.6以下、HEAT20※の推奨水準はG1で0.48、G2で0.34となっています。
守重建設の高気密高断熱住宅の基準はUa値0.33以下ですので、国が定めた基準の3倍近いレベルの断熱性能があり、HEAT20の推奨水準ではG2の寒冷地を除いた地域水準と同じ値になりますので、標準仕様で全ての値をクリアしています。

断熱性能は断熱材の性能だけではなく窓や玄関ドアの性能も大切です。窓は枠の材質(アルミ・樹脂)などに目が行きがちですが、窓の大半を占めるガラスの断熱性能も重視してください。近年はペアガラスが主流になりつつありますが、気密断熱性能に富んだ家をお考えならトリプルガラスをお勧めします。

実は日本では、「高気密・高断熱」にこだわって家を建てている会社はまだ少ないのが現状です。
決してレベルの高くない現行の省エネ基準相当の性能で、「高気密・高断熱の家」と宣伝している会社もあるので、気をつける必要があります。守重建設は、高気密・高断熱の家づくりに徹底して取り組み、日本トップレベルの性能を誇る住宅をつくってきました。

必ず一棟ずつの「気密測定」を構造時と完成時の2回行っており、C値0.34以下の数値になる確認も徹底しています。「しっかりした高気密・高断熱の家を選んで良かった!」と時間とともに実感する家だと、自信を持って言うことができます。

CO²削減に向けて、『2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す』と、国が目標を掲げています。
これから家づくりをお考えの方は、是非本当の高性能住宅をお選びください。

高品質・高性能建材が
標準仕様

柱

詳しく見る
壁下地材

壁下地材

詳しく見る
内断熱

内断熱

詳しく見る
外断熱

外断熱

詳しく見る
外壁

外壁

詳しく見る
屋根

屋根

詳しく見る
窓

詳しく見る
熱交換換気システム

熱交換換気システム

詳しく見る
自然素材の内壁

自然素材の内壁

詳しく見る
無垢材の床

無垢材の床

詳しく見る

「目には見えませんが、
暮らせばその違いが明確」
生活が豊かになる守重建設の新築
4つの特徴

家族が
健康に暮らせる家

守重建設の新築には、身体へのストレスを軽減する工夫がたくさん詰まっています。

守重建設の新築には、身体へのストレスを軽減する工夫がたくさん詰まっています。
木のぬくもりを感じる無垢材のフローリングや、調湿機能をもつホタテ貝の漆喰の壁など、自然素材でできている家は安全なだけでなく、心がやすらぎます。
冷暖房設備に頼らず、蒸し暑い夏でも家の中を涼しく、寒い冬でも暖かく保てる工夫がされているので、外気温が厳しい時期にも、家の中で体力を消耗せず、身体をしっかりと休ませることができます。
また、リビングから脱衣所まで、家のどこにいても室温がほとんど同じなので、急激な温度変化によって起きる「ヒートショック」などが起きることもありません。
温度だけでなく、湿度の調節も容易で、夏の湿気からくるあせもや、冬の乾いた空気による皮膚や喉の乾燥で悩むこともありません。
そして家の中の温度と湿度が一定であることで、窓や壁の中の結露が発生しません。また結露によって増えるカビやダニなどのアレルゲンの発生を抑えることができます。
フィルターを通して常に換気される室内の空気はいつも新鮮です。埃の少ないきれいな空気の中で眠ると、睡眠の質も向上します。
住宅と健康に関する研究の第一人者である近畿大学の岩前篤教授は、家の断熱性能を高めることにより、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、自律神経の不調などの症状が改善するという調査結果を発表しています。守重建設がつくる高気密高断熱住宅での暮らしは、そうした症状の悩みも改善に導いてくれるはずです。

快適な住環境で
生活の質が向上する

守重建設がつくる高気密高断熱住宅に暮らすと、実はこれまで感じていたストレスの多くは、住まいに原因があったことに気がつくはずです。

守重建設がつくる高気密高断熱住宅に暮らすと、実はこれまで感じていたストレスの多くは、住まいに原因があったことに気がつくはずです。

例えば、冬の朝に寒くて布団から出られないこと。冬に暖かいリビングからトイレに行くのが億劫なこと。冷房を入れると身体が冷えてしまうこと。湿気が多い時期に家の中で洗濯物を干すと、いつまでも乾かず臭いがついてしまうこと。いつも、結露やカビの心配をしていること・・・。

弊社の高気密高断熱住宅では、このようなストレスがありません。一年を通していつでも快適に動くことができ、問題に対処する必要がないので、時間を有効に使うことも可能です。また、冬の窓際が寒くなることもないので、家のスペースを隅から隅まで有効活用することができます。換気システムのフィルターを通した空気により、一般の住宅と比べて埃が溜まりにくいので、お掃除がとても楽になります。

「断熱性能が良い」ということは、防音性能も優れているということ。外の騒音が気にならないので、静かな時間を楽しむことができます。子どもたちが騒いでも、大音量で映画や音楽を楽しんでも、外に音が漏れる心配は不要です。

一年を通して快適な空間で過ごせる弊社の高気密高断熱住宅は、生活の質を上げ、豊かな暮らしを可能にします。

安心して
長く住み続けられる家

日本の家の寿命は一般的に30年から40年と言われています。

日本の家の寿命は一般的に30年から40年と言われています。

でも、守重建設の家は、きちんとメンテナンスをすれば子供や孫の代まで、安心して豊かな生活が続けられる家です。

地震や台風など自然災害の多い日本では、家の耐震性や強さは特に気になる部分です。最高レベルの耐震、防火および耐火性能を誇る弊社の高性能住宅は自然災害や万が一の火災から家を、そして家族を最大限に守ります。

劣化しやすい建材は使わず、良質な木材と、高性能の建材を使用してつくられた家は長期間に渡って劣化しません。また、家の中に温度差が無く壁の内部に結露が起こらないため、カビやサビ、腐食など家の寿命を短くする原因を減らします。長年に渡って、耐震性や耐火性、防火性を持続する家で暮らすことは安心して日々の暮らしを楽しめることにもつながります。

こだわりと技術を持った職人たちが、自然素材を使って心を込めてつくる家は世代を超えて大切に受け継がれ、家族を守り続けることができるのです。

環境にも
お財布にも優しい

断熱がしっかりとされている家は、無駄にエネルギーを使わなくても気持ち良く暮らすことができます。

断熱がしっかりとされている家は、無駄にエネルギーを使わなくても気持ち良く暮らすことができます。環境にはもちろん、お財布にもとても優しいと言えます。

最小限のエネルギーで、家中まるごと夏も冬も快適に過ごせるので、日々の生活を変えたり、我慢をしなくても、エネルギー消費が減って光熱費を削減することができます。
将来、燃料が高騰して光熱費が上昇したとしても、その影響をほとんど受けずに、健康で快適な暮らしを続けることができます。

お財布に優しいのは光熱費だけではありません。住宅まわりの修繕費、維持管理費などのランニングコスト、あるいはこれまで欠かせなかった暖房器具や加湿器など多くの家電や、冬の厚い布団など季節もの、あるいは湿気やカビ対策などの消耗品が不要となります。

本当に必要なものにだけにお金が使える生活は、とても豊かです。初期投資は多少かかったとしても、長期的に考えれば、守重建設がつくる高気密高断熱住宅のライフサイクルコストはとてもお得です。

お客様にご提供したいのは、
わたしたちが変わらず
取り組み続けている
健康・安全・低燃費を
兼ね備えた家づくり。

新築を検討しているけど、誰に頼めばいいの?という方は、まずはお気軽に資料請求をご利用ください。

役立つ資料を無料でお届けいたします。
もちろん、資料請求をいただいたからといって、必ず工事をしなければいけないということはありません。
しつこい営業も一切しませんし、突然の訪問といった強引な売り込みもいたしません。
ご不明な点や、気になることがございましたら、お電話やメールでのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら お電話でのご相談・
お問い合わせはこちら
0120-940-282
メールでのご相談・お見積り依頼はこちら メールでのご相談・
お見積り依頼はこちら
守重建設に関する資料請求はこちら 守重建設に関する
資料請求はこちら